logo

Biography

ryo_natoyama_biography_SP_03

Biography

RyoNatoyama_B中

名渡山 遼  Ryo Natoyama

ウクレレシーンに新たな風を呼び起こす、日本の若手プレイヤーの中でもナンバーワンの呼び声高いウクレレプレイヤー。 1993年生まれ。小学校6年生の夏休みのハワイ旅行で家族がお土産に買ったウクレレを弾き始める。14歳の頃にはハワイのウクレレ・プレイヤーのオープニングアクトを務める。2010年、ジェイク・シマブクロのジャパンツアーにも出演。これまでに3枚のオリジナルアルバムをリリースし、2014年7月には3rdアルバム「RAINBOW」を発売。海外からも注目を浴び、ハワイ、イギリス、オーストラリア、香港、タイのウクレレフェスで演奏し、そのプレイが絶賛された。2015年には4thアルバム「UKULELE SPLASH!」、クリスマスアルバム「UKULELE Merry Christmas!」を発売。“ハワイのグラミー賞”と言われる「第39回ナ・ホク・ハノハノ・アワード」最優秀インターナショナル・アルバム部門にダブルノミネートされ、「UKULELE SPLASH!」が日本人としては最年少で見事に受賞した。イマジカBS20周年記念ドラマ「いつも まぢかに」のサウンドトラックも全曲を手がけるなど音楽家としての評価も高まっている。 2016年7月、メジャーデビューアルバム「Made in Japan, To the World.」がキングレコードより発売。12月には過去のバラード曲を集めたベストアルバム「Best Ukulele Ballads」も発売される。2017年7月にはハワイをテーマにしたニューアルバム「Home away from home,“HAWAII”」が発売される。 若干24歳ながら超絶なテクニックと癒しのプレイを自在に操る、世界中で今後の活躍が最も期待されるウクレレ・プレイヤーの一人である。愛用のウクレレを全て自身で製作するウクレレビルダーでもある。

Most astonishing ukulele player transforming toward a new stage. Natoyama was born in 1993 and, he successfully played as an opening act and appeared on Jake Shimabukuro’s Japan tour in 2010 at the age of 14!  In 2014, performed at big ukulele festivals more than 5 countries, where his extreme technic and healing performance gained high reputation and admiring as a leader of young ukulele group. He offers the great promise for the future!  His 4th album, “UKULELE SPLASH!” and “UKULELE Merry Christmas!” were released in 2015, both nominated for “Na Hoku Hanohano Awards 2016”, Grammy award Hawaiian version and “UKULELE SPLASH!” won! Also, he produced the soundtrack of IMAGICA BS 20the anniversary TV program “Itsumo Majikani”. Major debut album “Made in Japan, To the World” was released from King Records on July 27th, 2016 and The ballad best collection “BEST UKULELE BALLADS” was released in December. He is also well known for an ukulele builder, capable enough to produce all of his ukulele collections!