Biography

Profile

名渡山 遼(なとやま りょう、Ryo Natoyama)

ウクレレ奏者・製作者/作・編曲家

ソロ・ウクレレ奏者として世界的に活躍する、トップ・ウクレレ・プレイヤー。

エキサイティングな高速フレーズから繊細で美しい音色まで自在に弾きこなし、ウクレレファンのみにとどまらず音楽家や業界関係者などからも高い評価を受けている。

1993年生まれ。11歳からウクレレを弾き始め、14歳の頃「天才ウクレレ少年」としてテレビで紹介され注目を集める。2010年にはジェイク・シマブクロのジャパンツアーに出演。2015年には2作のアルバムが“ハワイのグラミー賞”とも称される「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」にノミネートされ、日本人としては史上最年少となる受賞を果たした。

2016年にキングレコードよりメジャー・デビュー。

デビュー・アルバム「Made in Japan, To the World」から2020年に2作同時リリースされた「#おうち時間のウクレレ」「#眠れるウクレレ」までの4年間で6作品をリリースするという、ウクレレ・プレイヤーとしては珍しい、ハイペースなリリースを記録中。

デビュー後はフジロックフェスティバルへの出演や、TOKYO FM「JET STREAM」テーマ曲の編曲・演奏、すぎやまこういち氏公認の「ドラゴンクエスト」カバーアルバムのリリース、多彩な活動を繰り広げている。

海外からも高い評価を受け、これまでにアメリカ、イギリス、イタリア、オーストラリア、香港、タイ、台湾、中国、カナダでの公演を果たし、そのプレイが絶賛された。

愛用のウクレレは全て自身の手作り。ストラップやケースまで自作するウクレレ・ビルダーでもある。

 

Most astonishing ukulele player transforming toward a new stage. Natoyama was born in 1993 and, he successfully played as an opening act and appeared on Jake Shimabukuro’s Japan tour in 2010 at the age of 14!  In 2014, performed at big ukulele festivals more than 5 countries, where his extreme technic and healing performance gained high reputation and admiring as a leader of young ukulele group. He offers the great promise for the future!  His 4th album, “UKULELE SPLASH!” and “UKULELE Merry Christmas!” were released in 2015, both nominated for “Na Hoku Hanohano Awards 2016”, Grammy award Hawaiian version and “UKULELE SPLASH!” won! Also, he produced the soundtrack of IMAGICA BS 20the anniversary TV program “Itsumo Majikani”. Major debut album “Made in Japan, To the World” was released from King Records on July 27th, 2016 and The ballad best collection “BEST UKULELE BALLADS” was released in December. He is also well known for an ukulele builder, capable enough to produce all of his ukulele collections!

 

History

1993生まれ。埼玉県さいたま市出身、家系のルーツは沖縄県。
小学校6年生の夏休みのハワイ旅行で家族がお土産に買ったウクレレを弾き始める。
独学でみるみる上達し、14歳の頃にはブルース・シマブクロ、ジョディ・カミサトなどハワイのウクレレプレイヤーのオープニングアクトを務め、「ウクレレ天才少年」としてテレビにも取り上げられる。

2010、高校生にしてジェイク・シマブクロのジャパンツアーにオープニングアクトとして出演。

2011にミニアルバム「Way 2 Go!!」を自主制作で発売。カバーアルバム「ウクレレ・モーニング」をリリース。TBSラジオの人気番組「安住伸一郎の日曜天国」に初出演し、自作ウクレレで演奏する独自のスタイルを評価される。 「ウクレレ・スーパー・ジャム」にメインアクトでの出演を果たす。

2012に初のフルアルバム「FOR YOU」をリリース。20歳にして、ウクレレ・ワークショップの講師やハワイアンライブ、カフェイベントなど様々な活動を行う。また「The Ukulele Infinity」というウクレレ・コミュニティーを親友でウクレレプレイヤーのTomoki Satoとともに主宰。

2013、セカンドアルバム「WONDERLAND」をリリース。よりスケールアップしたバラエティに富んだ内容が大好評を博し、年間100本以上のライブを行った。スタジオライブのDVD[Live Lab.」とウクレレの教則DVD「ウクレレで弾くドラえもんの唄」も発売。コンピレーションアルバム「MAHALO! ウクレレ ファンキーモンキーベイビーズ」「ウクレレジブリの風」にも参加するなど精力的に作品を発表。

20147月にサードアルバム「RAINBOW」を発売。海外からも注目を浴び、5月にホノルルで行われた「ウクレレピクニック・イン・ハワイ」を皮切りに、6月にイギリス・チェルトナム、7月にオーストラリア・ケアンズ、9月に香港、11月にはタイのウクレレフェスでライブを行い、いずれの会場でもその演奏が絶賛され、世界中でその存在感を高めた。

20157月、ニューアルバム「UKULELE SPLASH!」を発売。GREEN ROOM主催の「OCEAN PEOPLES」、横浜の一大イベント「アロハヨコハマ2015」他、夏のフェスに出演する他、カナダ・モントリオールのウクレレフェスへの出演や、山野楽器店舗12箇所で行うインストアツアーなどを敢行。また、Def TechのライブサポートやJ-WAVEライブへの出演、J-WAVE番組「Acoustic County」での2時間15分の生BGM演奏、タリーズコーヒー表参道店でのウクレレワークショップや、WEB番組でのウクレレ講師、雜誌「ウクレレマガジン」での連載などウクレレに関連する活動の幅を大きく広げ、12月にはクリスマスアルバム「UKULELE Merry Christmas!」を発売。

2015の2枚のアルバムは、“ハワイのグラミー賞”と言われる「第39回ナ・ホク・ハノハノ・アワード」最優秀インターナショナル・アルバム部門にダブルノミネートされ、「UKULELE SPLASH!」が日本人としては最年少で見事に受賞した。そして映画専門チャンネル「イマジカBS」の設立20周年記念ドラマ「いつも まぢかに」のサウンドトラックも手がけるなど、作曲家としての評価も高まっている。

20167月、満を持してのメジャーデビューアルバム「Made in Japan, To the World.」がキングレコードより発売。バックバンドを引き連れて、CDレコ発、東名阪ツアーを成功させる。自身やバンドメンバー、ファン、スタッフ総勢60名のコーラスを収録したリードトラック「Chocolate Banana Pie」が、FMラジオ、J-WAVEにてパワープレイ。自身の代表的な曲の一つになる。同年10月に台湾の台北、高雄にて単独公演を成功させる。同年12月には過去のバラード曲と新録音も含むバラード・ベスト「Best Ukulele Ballads」アルバムも発売される。

2017、7月にはハワイをテーマにしたニューアルバム「Home away from home,HAWAII”」が発売。自身初となるフジロックフェスティバルにも出演を果たす。同年10月、中国の上海、広州にて単独公演を成功させる。

20187月、自作ウクレレ8本で8曲、全てソロで演奏したメジャー2ndアルバム「My Dear Ukulele」をリリース。全国ツアー、イベントで埼玉 、三重、愛知、静岡、大阪、岡山、秋田、島根、石川、福井、福島、神奈川、広島、長野、北海道、東京にて演奏。また、中国での演奏活動も積極的に行い、杭州、福州、廈門、広州4箇所を回る単独公演ツアーを成功させる。

2019年4月、TOKYO FM人気番組「JET STREAM」のエンディングテーマの演奏・アレンジを担当。名渡山のアレンジと演奏により、ウクレレのピュアな音色と優雅なストリングスが融合した至極のリゾートミュージックとなっている。2018年にreleaseした”My Dear Ukulele”が、ハワイのグラミー賞”と言われる「第42回ナ・ホク・ハノハノ・アワード」最優秀インターナショナル・アルバム部門にノミネートされ5月にハワイで開催された授賞式に参加。7月、メジャー3rdアルバム「Beautiful Island Feeling」をリリース。近年のヒット曲から往年の名曲までウクレレインストカバーした優しくあたたかいウクレレの音色がリゾート地の非日常感を演出する上質なイージー・リスニング作品となっている。また、8月にはソロ・ウクレレによる、ドラゴンクエストⅠ~Ⅺよりセレクションしたインストゥルメンタル・アルバム『ウクレレによる「ドラゴンクエスト」すぎやまこういち』をリリース。同月開催された「ドラゴンクエスト夏祭り2019」に出演しウクレレライブが行なわれ、大好評を博す。岡山ジャズフェスティバル、夏びらきフェス、Tokyo Music Cruise等、音楽フェスにも多数出演する他、自身の全国ツアー”Beautiful Island Feeling”、中国ツアーも敢行。

2020年、YouTube企画「眠れるウクレレ」「Weekly Ukulele」を始動。不定期開催による生配信ライブ「眠れるウクレレ」は、年間100回の開催を記録。眠りを誘う優しい演奏によるリラックス時間が好評を博し、現在もファンを増やし続けている。人気曲・最新曲のカバーを中心に演奏した動画「Weekly Ukulele」は毎週金曜日に配信され、年間52曲を公開。

5月、「新型コロナウィルス予防 くまモン啓発告知” CM」の楽曲「Tune of Hope」を書き下ろし。

7月、INSENSE MUSIC WORKS INC.より、インディーズ時代の人気曲によるコンプリートベストアルバム3作品を配信リリース。2013年「WONDERLAND」から、2017年「Home Away from Home,“HAWAII”」までのデビュー後からの4年間の作品を、テーマ別に3作にセレクトしたベスト盤。新曲「Always Stay Together」を収録。

9月よりJ:COMの生活支援情報番組「ジモト応援!埼玉つながる News 〜川口・戸田〜」にコメンテーターとして毎週水曜日にレギュラー出演中。

12月、YouTube企画「眠れるウクレレ」「Weekly Ukulele」がキングレコードよりCD化され、「#おうち時間のウクレレ」「#眠れるウクレレ」を2作同時リリース。「#おうち時間のウクレレ」が、Amazonのイージーリスニングランキングで1位を記録。

 

キングレコードアーティストページ
【名渡山遼 公式サイト】

Official WebSite
instagram
Facebook
Twitter